浦安サンポ日記

浦安地域情報サイト『浦安サンポ』のブログです。ただいま浦安市で撮影された映画やドラマなどを集めた『浦安ロケ地マップ』を特集中です!

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

行って来ましたレポートへ拍手コメントありがとうございます。

浦安花火大会2013行って来ましたレポートへの
コメントや拍手コメントありがとうございました。


本来、ひとつひとつコメントの返事を書きたいのですが、
震災時のレポートより不公平が生まれるという事から
返事を自粛させていただいております。大変申し訳ございません。




今回の行って来ましたレポートにたくさんの拍手コメントやコメントを頂きました。
共通していたのは大会運営の難しさでした。

このような野外で行われるイベントは自然が相手なので何が起こるかわからない事、
もう、人々が集まっているのに憶測で中止は難しい事、
飛行機の飛行ルートを考慮しなければいけないとのコメントも頂きました。


反対に、中止にできなかったのかというコメントもありました。

当日は夜から雨の予報が出ていた事。
昼間は竜巻警報まで出ていた事。
今回は海上花火大会なので9時開催決定でも急遽中止になるというアナウンスを
有効に使えばよかった事。
気象庁に相談してなかったのか?

などのコメントを頂きました。


更に、会場は電波が弱くスマホの雨雲レーダーが見れなかった事や、
びしょ濡れになったことも良い思い出だった、いい経験になったという声もありました。


他にも多くの意見がありましたが、その中で一番多かったのが、
安全第一で運営してほしいとの声でした。
特に小さな子供を持つご家族の皆さんは、豪雨から必死に我が子を守り、
落雷や低体温症など不安で心配な花火大会であったという報告を頂きました。


結果論でいくらでも言えますし、45万人が集まる大会運営の難しさはあるとしても、
安全な花火大会を行なって欲しいとの思いが詰まったコメントでした。





今回は、様々なコメントや拍手コメントありがとうございました。
今後のホームページ運営にも役に立てて行こうと思っております。
皆様、ありがとうございました。
スポンサーサイト

スポンサーリンク

| 浦安花火大会2013 | 00:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

雷雨で中止の浦安花火大会(行って来ましたレポート)

毎年恒例になった
浦安花火大会行って来ましたレポートです。

今年は震災復旧工事の影響があるとのことで、
昼間のうちに高洲の親戚の家に時間まで待機させてもらいました。
なので、いつもの新浦安駅の風景はありません。


高洲側は空いていますね、途中オーケーにも寄ったのですが
レジを待つことなくズムーズでした。

途中高洲海浜公園を覗いてきたのですが、
p9.jpg
丘の上にたくさんの人影が見えましたよ。


新しくできた日の出橋を渡ってメイン会場の浦安総合公園です。
早速屋台を発見です!
p10.jpg


浦安総合公園の坂を登りいよいよ会場が見えてきました。
びっくりするぐらいの人人人!
p11.jpg

去年に比べ観覧会場が2/3ぐらいの広さなため、遅く来ると
席を見つけるのに苦労するぐらい窮屈な印象でした。

買ってきたお弁当をつまみつつ、市長などの話が終わりいよいよ打ち上がりです。
p12.jpg

花火が海面に反射しキレイなのですが、
去年とかに比べ、打ち上げ場所が離れているせいか、
ちょっと迫力不足かなという印象でした。
あのドン!と胸に響く音がちょっと弱かったかな~?
p13.jpg


さて、ここからが御存知の通り、
雨がぱらついてきました。

一緒に行った友達が急に冷たい風が吹いたと行っていた時、近くで雷鳴が響いていました。
雨がポツポツ降っていた時はそれでも続いていたのですが、
奇しくも、テーマ4の『みんなハッピー』というプログラムの途中に雨が豪雨に。

悲鳴や子供の鳴き声が聞こえる中、
花火大会の中止のアナウンスが流れました。


帰る途中も大粒の雨の中、せっかくの浴衣を濡らしてバスを待つ人を見ました。
本当、すごい雨で目を開けていられないほどでした。
p14.jpg



ここで、少し気になることがあります。
浦安の花火大会が大好きで、特集サイトを作るほど本当好きなのですが、
すでに更新されている浦安市のホームページの文章が気になってしょうがないです。

『ところが、開始30分を経過したころ、突然の雷雨に見舞われ、
あいにく中止になってしまいましたが、
それぞれの思い出に残る大会になったのではないでしょうか。』

この文章のところです。
それは、こんな豪雨の中ずぶ濡れになったことは悪い思い出になりますよ。

この豪雨の中、小さい子供もずぶ濡れになっていました。
中には赤ちゃんを連れた家族もいました。ベビーカーを押して
見に来ている人も見かけました。
初デートが花火大会で浴衣を始めて着た人もいたでしょう。
みんな豪雨でずぶ濡れになってしまったんです。


今回は浦安市の危機管理に少し疑問を感じました。
今の時代、スマートホンなどで雨雲の位置や流れ方など予測出来ます。
会場のほとんどは携帯の電波は圏外ですが、それでも把握できたはずです。

大きな塊が埼玉東京方面から来ているのに、
誰ひとり、事前に一時中止や見合わせなど出来なかったのでしょうか?
(もちろん、会場の雰囲気が悪くなることは承知です。)


以下が雨雲の流れです。(東京アメッシュより)

19時35分(花火大会開始直後)
p14.gif

19時45分
p15.gif

19時55分
p16.gif

20時05分(浦安花火大会中止)
p17.gif


総合公園周辺には避雷針のようなものがなく、
雷がこの周辺に落ちていたら大惨事になったかもしれません。
雷雨で出口に殺到して将棋倒しになってしまったかもしれません。



もう少し、危機管理を徹底したほうが良いのではないかと思いました。
ちょっと厳しい事を言い過ぎたかもしれませんが、大好きな浦安花火大会だからこそ
自分の考えを書かせていただきました。

スポンサーリンク

| 浦安花火大会2013 | 23:58 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。